健康な歯茎を保つ方法

診療科目subject
医院メニューmenu
求人募集recruit

健康な歯茎を保つ方法

2021年05月12日│らいおん歯科スタッフ│

こんにちは!

鶴間駅にある らいおん歯科です!

 

一時の暑さもひと段落しましたね!

春らしい気候になってきました。

木々の緑も目にとても優しいです(^^)/

 

さて今日のお話は…

健康な歯茎を保つ方法

 

健康な歯茎と聞いて

みなさんはどんな歯茎を思い浮かべますか?

 

今回のブログでは、健康な歯茎を保つための

方法を解説していきます!

 

まずは、健康な歯茎がどのようなものかを

紹介します。

 

健康な歯茎の場合は以下の3つが当てはまります。

 

①歯茎の色があわいピンク色

健康な歯茎は淡いピンク色であることが多いです。

赤みが強かったり、こげ茶色のような場合は

健康な歯茎とは言えません。

 

②歯を磨いていても出血しない

健康な歯茎の場合は、歯磨きをしていても出血が

起こることがほとんどありません。

 

③スティップリングが見られる

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

健康な歯茎にはプツプツとした細かいくぼみが

見られることが多いです。

 

このように健康な歯茎は目に見えるような

特徴があります。

 

では、このような健康な歯茎の状態をどうすれば

維持できるのか解説していきます。

 

健康な歯茎を保つためには様々な方法があります。

そこで今回は、もっとも実践してほしいことを

取り上げたいと思います。

 

①1日2回以上は歯を磨く

1日~2日ほど歯磨きをしないと、歯茎に炎症が見られる

ようになります。少なくても1日2回以上は歯を磨くように

心がけましょう。

 

②デンタルフロスや歯間ブラシを使う

歯と歯の間の汚れを落とすためには通常の歯ブラシだけでは

難しいです。そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを活用

していきましょう。

 

③歯と歯茎の境目をきちんと磨く

歯と歯の境目は細菌の住処になりやすい個所です。

意識して歯磨きをするようにしましょう。

ただし、あまり強い力で磨くと歯茎を傷つける原因に

なります。力加減に注意してくださいね。

 

④歯科医院で定期健診を受ける

歯科医院での定期健診はお口のトラブル防止にはかかせません。

歯茎の状態をチェックしてもらうためにも、定期健診を積極的に

受信してくださいね。

 

 

今回の話は以上です。

また、次回のブログでお会いしましょう!

 

らいおん歯科では、鶴間、大和地域のかかりつけ歯科医院として

虫歯、歯周病、定期健診、メンテナンス、矯正治療、ホワイトニングなど

患者様の様々なニーズにお応えしています!

ぜひご来院くださいね(*^^)v


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/users/0/consuldent/web/pn065lion/_cms/wp-content/themes/lion/single-blogstaff.php on line 297

の記事一覧

スタッフブログ記事一覧

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
診療時間time
 
午前
午後

午前=10:00-13:00,
午後=15:00-19:30

土曜日は18時まで

受付

診療終了時間30分前まで

休診日

水曜、日曜、祝日

予約電話番号

046-265-6480

〒242-0005

大和市西鶴間3-1-8 マルエツ2F